フルハーネス安全帯が義務化されます

建設現場での高所からの墜落、転落による労働災害は、
全体の4割以上を占め、問題になっています。
この対策として、フルハーネス安全帯が
2022年1月から義務化されます。

義務化により今後、フルハーネス現場が増えていきます。
現場がフルハーネスが必要だった場合、特別教育をうけ、
フルハーネスを装着して仕事をしなければならないが、
持ってなければ仕事ができなくなります。
特別教育は、申し込んでから教育を受けるまで、時間がかかりますよ。
「フルハーネス安全帯が義務化されます」の続きを読む…