第二種電気工事士の試験内容

第二種電気工事士の試験内容です。




第二種電気工事士資格はどのような資格か?

電気工事は「電気工事士」という国家資格がなければ作業できません。

電気配線や結線などの作業は、きちんとした専門知識と技能が
必要です。

知識と技能を持たない人が工事を行うと、漏電や感電などの事故
を起こす可能性があります。

電気工事士には、第一種と第二種があります。
第二種電気工事士は、一般住宅や小規模な店舗やビルなどの低圧受電
の建物の工事ができます。

第一種は高圧受電の建物(最大電力500kW以下)の工事ができます。

第二種電気工事士資格は、工事を行う時になくてはならない
資格となっており、毎年10万人以上が受験する人気の資格に
なっています。

第二種電気工事士は、電気技術者の入門資格です。
この資格を取得してから、上級資格の第一種電気工事士を目指しても
良いでしょう。

ただし、入門資格といえど、電気の知識を持っていない人にとっては、
資格取得は難しいです。基礎数学、基礎電気学の知識を学び、
試験に臨みましょう。

第二種電気工事士の試験内容は?

第二種電気工事士は、筆記試験と技能試験があります。

筆記試験

科目 範囲 出題問題数
電気に関する基礎理論 ①電流、電圧、電力及び電気抵抗
②導体及び絶縁体
③交流電気の基礎概念
④電気回路の計算
4〜6問
配電理論及び配線設計 ①配電方式
②引込線
③配線
4〜6問
電気機器、配線器具並びに
電気工事用の材料及び工具
①電気機器及び配線器具の構造及び性能
②電気工事用の材料の材質及び用途
③電気工事用の工具の用途
4〜6問
電気工事の施工方法 ①配線工事の方法
②電気機器及び配線器具の設置工事の方法
③コード及びキャブタイヤケーブルの取付方法
④接地工事の方法
5〜6問
一般用電気工作物
の検査方法
①点検方法
②導通試験の方法
③絶縁抵抗測定の方法
④接地抵抗測定の方法
⑤試験用器具の性能及び使用方法
3〜4問
配線図 配線の表示事項及び表示方法 20問
一般電気工作物の
保安に関する法令
①電気工事士法、同法施行令、同法施行規則
②電気設備に関する技術基準を定める省令
③電気用品安全法、同法施行令、同法施行規則
及び電気用品の技術上の基準を定める省令
3〜4問

・筆記試験は、一般問題と配線図問題があり、4択のマークシート
方式の問題です。

・一般問題:問題数は30問で1問2点
・配線図問題:問題数は20問で1問2点

・合格基準の平均は、60点です。

・試験時間は120分です。

技能試験

技能試験は、受験者が持参した工具を使用して、出題された電気回路
を一定時間内に電気配線を作る試験です。

【試験当日の持ち物】
①受験票及び受験申込書兼写真票
②作業用工具➡️技能試験指定工具
③筆記用具
④時計

【試験内容と試験時間】
技能試験には、技能試験候補問題と言うものがあり、
その年に出題される技能試験の問題はその13の候補問題
から選ばれます。

この13問を事前に練習すれば、技能試験の対策は万全です。

・試験時間は40分間です。

第二種電気工事士の申し込み方法は?

個人での受験の申し込み手続きは、インターネットによる申し込みか、
申込書を入手して郵送するかになります。

【インターネットで申し込む場合】
「一般財団法人 電気技術者試験センター」のホームページに
アクセスして申し込み手続きを行います。

➡️一般財団法人 電気技術者試験センター ホームページ

【申込書を入手して郵送する場合】
電気技術者試験センター窓口、書店、河合塾主要校舎、
各電力会社支店・営業所窓口などで「受験案内・申請書」を入手し、
申込書に必要事項を記入し、受験手数料と共にゆうちょ銀行の
窓口に提出します。

受験手数料(非課税)は
・インターネットによる申込みは9,300円
・郵便による申込みは9,600円
です。インターネットによる申し込みの方が300円お得です。

第二種電気工事士の試験はいつ?

令和2年の試験日は
・筆記試験:上期試験 5月31日(日曜日)
:下期試験 10月4日(日曜日)

・技能試験:上期試験 7月17日(土曜日)または7月18日(日曜日)
下期試験 12月12日(土曜日)または12月13日(日曜日)

受験申込受付期間は
上期試験:3月19日(木)〜4月9日(木)
下期試験:筆記試験申込期間7月30日(木)〜8月13日(木)
技能試験申込期間9月 3日(木)〜9月17日(木)

コメントを残す