たこ足配線は危険

たこ足配線は危険です。その理由とは?




たこ足配線とは


たこ足配線とは、同じコンセントからテーブルタップやマルチタップを複数使用することを言います。
1つのコンセントに1つの三角タップを付けている場合は、たこ足配線とは言いません。
三角タップにさらに三角タップを付けている場合は、たこ足配線です。

テーブルタップにもコンセントの口数が多いものがありますが、すべてのコンセントに
プラグを差している状態もたこ足配線とは言いません。

テーブルタップのコンセントにさらに、三角タップを付けている、またテーブルタップを
2連結している場合はたこ足配線と言います。

たこ足配線が危険な理由

たこ足配線は非常に危険です。理由は2つあります。

過電流で損傷、発火する恐れも

コンセントには使用できる電流の上限が決まっています。一般には15Aまで使用できますが、
たこ足配線を行うと15Aを超えて使用してしまう危険性が増します。

また、テーブルタップやマルチタップは15Aよりも少ない電流しか使用できないものがあります。
たこ足配線にすると定格電流を超えて使用してしまう可能性が出てきてしまいます。
定格電流を超えて使用することを過電流と言います。

過電流の状態で使用すると、発熱量は流れる電機の2乗で発生するので、
テーブルタップやマルチタップのコードや差し込み口が熱くなり、樹脂の
耐熱温度を超え、焼損、発火することがあり危険です。

分電盤のブレーカーは20Aで切れますが(トリップする)、テーブルタップなどは
10Aまでしか電流を流せないものがありますので、発火するまで切れないこともあります。

発火し、ケーブルの芯線どうしが接触すると、ブレーカーは切れますが、その前に
ほこりなどに引火し火事になる可能性があります。

電気接続部が増える

たこ足配線をすると、1つのコンセント口に、マルチタップなどを使用したくさんの
プラグが差し込まれ、コードの自重などにより、コンセント口に差し込まれた刃先が
しっかり差し込まれず、少し浮いた状態で使用することが多くなることがなります。

浮いた状態のコンセントの刃先には当然電流が流れていますので、そこに金属が
接触すると電流が流れ危険です。

たこ足配線を防止する対策

・口数の多いテーブルタップを使用する
・スイッチ付きのテーブルタップを使用する
・家具の裏などにテーブルタップを置かない
等を行い、たこ足配線にならないようにしましょう。

コメントを残す