電気料金・節電

ウォーターサーバーの1ヶ月の電気代を節約する方法とは?

ウォーターサーバーを導入して使い続けていると、ウォーターサーバーだけでどのくらいの電気代がかかっているのか気になる人もいるのではないでしょうか。

そこまで高くないように見えて意外と電気代がかかっていることもあるので、これを機に今一度ウォーターサーバーでどのくらいの電気代がかかっているのか確認してみましょう。

それでは、ウォーターサーバーの1ヶ月の平均電気代や、節約方法についてご説明しましょう。

ウォーターサーバーの1ヶ月の平均電気代はどれくらい?


ウォーターサーバーの1ヶ月の平均電気代は、500円~1000円程度となっています。

意外にもウォーターサーバーの電気代が安いのは、冷水を一から沸かす必要性がないからです。

ウォーターサーバーは常にお湯を短時間で沸かせるように温度が一定に保たれているため、冷水からお湯を沸かすよりもそこまで電気代がかかりません。

それでいて冷水と温水を同時に使えることを考えれば、サーバーメンテナンス代やレンタル代を差し引いたとしても割と安い部類になるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法とは?

ウォーターサーバーは確かに電気代が比較的安いとはいえ、それでも少しでも電気代を節約したいと考えている人もいるでしょう。

いくら安くても毎月電気代がかかる以上、年間で考えれば決して無視できるものではありません。

それでは、ウォーターサーバーの電気代を節約する方法についてご説明しましょう。

省エネタイプのウォーターサーバーに変える

ウォーターサーバーの製品の中には、省エネ機能を搭載したウォーターサーバーが存在します。

省エネ機能が搭載されたウォーターサーバーに変えることによって電気代を数十%ほど節約できるので、電気代を節約したい人におすすめです。

ただ、省エネ機能だけを求めていると思わぬ失敗をすることもあるので、省エネ機能以外の性能も忘れずにチェックしましょう。

電源をオフにしない

電気代を節約するためにウォーターサーバーの電源を切った方が良いのではないかと思うかもしれませんが、電源を切ることこそ電気代がかかる行為になります。

電源を切ってしまうと、ウォーターサーバーの内部で常に一定に保たれていた水温が保てなくなるため、電源を点けるたびに温度が下がった水を沸かさなければなりません。

冷蔵庫の電源を切ると中の物が冷やされなくなるように、ウォーターサーバーも沸かし直すという機能によって余計に電気代がかかってしまうので注意が必要です。

ウォーターサーバーは電源をつけっぱなしにしていてこそ、逆に節約になっていると言えるでしょう。

設置する場所にゆとりを持たせる

ウォーターサーバーは稼働する際に放熱しているため、設置するスペースにゆとりがあった方が電気代を節約することができます。

もしもスペースに余裕がなかった場合、放熱してもウォーターサーバーの周辺に熱が溜まってしまうことになります。

熱がこもることによって内部の水を冷却する効率が下がってしまうため、余計に電気代がかかってしまうので注意しましょう。

まとめ

ウォーターサーバーの1ヶ月の平均電気代は500円~1000円程度と意外にもそこまで電気代がかかっていません。

冷水を一から沸かすよりも、冷水と温水が同時に使えるウォーターサーバーの方が電気代がかからないため、そこまで電気代を気にする必要性はないかもしれません。

ただ、それでも電気代を節約したいのであれば、電源をつけっぱなしにしたり、省エネタイプのウォーターサーバーに変えたりといった方法があるので是非とも実践してみましょう。

-電気料金・節電

© 2021 電気工事のwebbook Powered by AFFINGER5