スマートメーター交換方法、なぜ必要なのか?

電力会社を変更するときはスマートメーターが必要です。




スマートメーターとは

スマートメーターとは、情報通信機能を搭載している高機能電力メーターです。

いままでの電力メーターは電力量計でしたが、最近はスマートメーターに交換が
進んでいます。

スマートメーターには、情報通信機能がありますので、電力会社とリアルタイムで
交信することが可能で、毎日30分単位の電気使用量を確認できます。

スマートメーターは2023年までに全世帯に設置される予定です。

スマートメーターの交換方法

スマートメーターの設置は、業者が無料で行ってくれます。
東京電力では、2020年度までにサービスエリア全てにスマートメーター
を設置します。

スマートメーターに交換するときは、原則停電なしでできるようです。
やむおえず停電工事になる場合は、事前に電力会社からお知らせが来ます。

また室内に立ち入ることもなく、留守中でも工事可能です。

スマートメーターのメリット、デメリット

メリット

・スマートメーターを設置すると、消費電力をスマホやパソコン
などの端末から30分おきにチェックすることが可能となります。

・今後、詳細な電力使用量のデータが集まってくると、10~15%
の節電効果が出る試算が出ています。

・自動で検針できるので、検針員の巡回が不要となる。

・計量部と通信部と端子部が別々になっているため、メーター交換を行う際
ケーブルを外すことなく、計量部のみ交換できます。

デメリット

・通信機能のハッキングなどが行われることで、お客様の
個人情報が漏えいしてしまう可能性があります。

・電磁波による健康被害(科学的な根拠は不明です。)

コメントを残す