電気火災の原因、トラッキング現象とは

コンセントから発火するトラッキング現象は火災につながります。
トラッキング現象の対策方法をまとめました。




トラッキング現象とは?


トラッキング事故は、コンセントとプラグ間で起こり、
毎年多く報告されています。トラッキングとは、電圧の加わっているコンセント
プラグの刃先の両側間に導電性のほこりなどがたまると刃先間で火花放電が
起こります。このような状態を繰り返していると、やがて刃先の両側間の絶縁物
に炭化電路ができます。

炭化電路ができると、放電が起きやすくなり、後に刃先間に大電流が流れる時が
来ます。このような現象を「トラッキング現象」と言います。

トラッキング現象はコンセントに限らず、全ての電気機器に起こる可能性があるのです。

トラッキング現象が多く起きる箇所は、コンセントに差し込まれたプラグと
そのコンセントの表面の隙間です。
コンセントとプラグの隙間に、ほこりなどがたまり、そこが湿気などを帯びると絶縁が
悪くなり、プラグの刃先間で火花放電が起きます。これを繰り返し、放電が起き、
一気に大電流が流れ、熱に弱い塩化ビニル樹脂製のプラグが発熱して損傷します。

発火する前にブレーカーが切れると思われますが、放電中は大電流が流れないため、
ブレーカーが切れず、電流が流れ、発火してしまいます。
また、電気の流れに関係なく、電圧がかかっていれば電気製品のスイッチを
切っていてもトラッキング現象は起こります。

なぜトラッキング現象から火事になるのか?

トラッキング事故は、プラグの抜き差しをあまり行わず、湿気が多く、ほこりが
付きやすい場所で多く発生します。

コンセントは家具の裏側やカーテンの近くに設置している場合が多く、
トラッキング事故が起き、火が家具やカーテンなどに引火し家事になります。

なので、こまめにプラグやコンセントを清掃し、コンセント表面やプラグの
刃先が変色しているものは早めに交換することが大事です。

【トラッキング現象を防止するプラグ】
トラッキング事故防止に効果のある、刃の根元を絶縁被覆で覆ったコンセントプラグを使用する。
刃の取付け部だけを耐トラッキング性のある材料にした二重成形プラグを使用する。

安全プラグカバーをコンセントプラグに取付ける。

このようなプラグやカバーを使い、トラッキング現象対策を行いましょう。

コメントを残す