加湿器の電気代はどのくらい?節約方法は?

冬になると乾燥が気になり出しますよね。

湿度が低くなると肌や喉が乾燥したり、
風邪やインフルエンザ等の
ウイルスにかかりやすくなってしまいます。

そこで快適な湿度を保つために使われるのが加湿器です。

使っている方も多い加湿器ですが
加湿器にかかる電気代って、詳しく知らなかったりしませんか?

エアコンみたいに24時間かけっぱなしがいいのか?
何か節電する方法はないのか?
この記事では、加湿器の具体的なメリットや
電気代を節約する方法をまとめていきます。




加湿器の種類


加湿器の種類は大きく分けて4つあります。
種類ごとの特色を理解して使う事が大切になってきます。
まずは4つの種類について説明していきます。

【スチーム式】
内蔵されたヒーターを加熱し水蒸気で加湿します。

【気化式】
水を含ませたフィルターに風を当て、
気化した水蒸気で加湿していきます。

【超音波式】
超音波を使い水を振動させ小さな粒子にし、
粒子を空気中に噴出し加湿します。

【ハイブリット式】
水を含ませたフィルターに内蔵されたヒーターを
使って温風を当て、加湿していきます。
スチーム式と気化式を合わせた方法です。

加湿器のメリット

加湿器を使う事で、乾燥を防ぎ快適に生活する事が出来ます。

冬は元々空気が乾燥するうえに、寒さ対策に暖房器具を
使う事も多くさらに乾燥してしまいます。

室内で適切な湿度は40~60%です。

湿度が40%以下になってしまうと
雑菌やウイルスが活性化し風邪や
インフルエンザ等ウイルス疾患に
かかりやすくなってしまいます。

また肌や喉や髪等も乾燥し美容面にも影響があり、
不快感を感じます。

加湿器を使い適切な湿度をキープする事で、
そんな悩みを解決し快適に過ごすことが出来ます。

加湿器の電気代はどのくらい?

加湿器の電気代は種類によって大きく差が出ます。
電気代が安い順番に紹介していきたいと思います。

【気化式】
空気を送る風に電力を使うだけなので安く済みます。
1時間使用/約0.3円

【超音波式】
超音波を発生させる為に電力を使います。
加熱をしないのでそんなに高くはなりません。
1時間使用/約0.48円

【ハイブリット式】
気化式とスチーム式の機能を兼ね備えています。
湿度によって使い分けて使用します。
1時間/約4円

【スチーム式】
水を加熱させるので電力を使います。
1時間/約5.7円

メーカーによって多少値段は変わりますが、
大きく変わることはありませんでした。

1時間の目安の金額は同じメーカーのもので計算しました。

こんなに差があるなんでびっくりですよね!?

節約方法は?

加湿器は種類によって、必要な電気代が全然違います。

加湿器本体の値段だけでなく、電気代についても
考えて購入する事が一番の節約になると言えます。

またトレイやフィルターの汚れは衛生面も良くないですし、
加湿機能も低下させてしまうので定期的に掃除をしましょう。

エアコンみたいに24時間続けて稼働していても、
電気代が安くなるというものでもありません。

とはいえ、加湿器をすぐに買い替えるわけにも
いかない方もいると思うので、加湿器を使わずに
湿度を上げる方法も調べてみました。

・濡れたタオルを干す
・カーテンに霧吹きで水をかける
・観葉植物を置く(水やりを定期的にし水分を含ませる)
・水を入れたコップを置く
などがあります。

まとめ

加湿器には種類が4つあり、
種類によって加湿方法が違います。

電気代にも大きく差が出るので、
購入する時の加湿器本体の値段だけではなく、
長期的に電気代についても考えた上で購入しましょう。

コメントを残す