電線、ケーブル

同軸ケーブルの種類と用途

同軸ケーブル(発泡ポリエチレン絶縁ビニルシース同軸ケーブル)はテレビ、無線通信機器などの設備機器間に使用するケーブルです。
電気工事では、ほぼテレビ共同受信設備に使用します。

同軸ケーブルとは


主にテレビ受信設備に使用するケーブルです。

【同軸ケーブルの構造】
中心に心線があり、その周りにポリエチレン等の誘電体があり、
さらに編組線(へんそせん)の外側を黒色ポリエチレンやビニールで被覆した構造になっています。

外部導体は、細い銅線を編んだ編組線が一般的ですが、銅箔またはアルミニウム箔などの金属箔を用いたものもあります。

これは精密測定や極超短波以上の周波数で使用するために、高周波帯での遮蔽率を高めることが目的になります。

ケーブルを切断した断面が、軸を同じくした円筒を入れ子にしたような形状に見えることから、「同軸ケーブル」と呼ばれます。

同軸ケーブルの種類と用途

同軸ケーブルの種類は、
【衛星放送テレビジョン受信用発泡ポリエチレン絶縁ビニルシース同軸ケーブル】
衛星放送(BS,CS放送)を対応しているケーブルです。サイズはS-5C-FB、S-7C-FB、S-10C-FBがあります。

S-7C-FB
テレビアンテナから混合器、ブースター、分岐器、分配器等までの幹線ケーブルに使用します。

S-5C-FB
分配器から直列ユニット、テレビ端子までの分岐ケーブルに使用します。

品名 内部導体
(mm)
仕上外径
(mm)
概算質量
(kg/km)
特性インピーダンス
(Ω)
S-5C-FB 1.05 7.7±0.5 63 75±3
S-7C-FB 1.5 10.2±0.5 105 75±3
S-10C-FB 2 12.7±0.5 155 75±3

【高周波同軸ケーブル】
サイズは3C-2V、5C-2V、7C-2Vがあります。
地上波放送の直列ユニットからテレビまでに使用します。(BS,CS放送を見る場合は、S-5C-FBケーブルかS-4C-FBケーブルを使用します。)

品名 内部導体 仕上外径
(mm)
概算質量
(Kg/Km)
特性インピーダンス
(Ω)
構成(本/mm) 外径(約mm)
3C-2V 1/0.5 0.5 5.4±0.5 43 75±3
5C-2V 1/0.8 0.8 7.4±0.5 72 75±3
7C-2V 7/0.4 1.2 10.4±0.5 139 75±3

ケーブルのサイズが大きいほど径が太くなり、減衰量は少なくなります。

-電線、ケーブル

© 2021 電気工事のwebbook Powered by AFFINGER5