押しボタンスイッチとは、スイッチの種類、記号

電気工事では3相200Vのファンやポンプの操作に
押しボタンスイッチを使用します。




押しボタンスイッチとは

押しボタンスイッチとは、一般にボタンを押している間だけ
接点が動作し、ボタンから離すと復帰するスイッチのことです。

保持形のスイッチもあり、ボタンを押してから指を離しても
動作状態が保持されます。

電気工事で使用する押しボタンスイッチは3相200Vのファン
を操作するスイッチ、
動力制御盤の盤面に取付けてあるポンプやファン
を操作するスイッチなどがあります。

押しボタンスイッチの種類

押しボタンスイッチには、いろいろな形のものがあります。

正面から見たボタンの形が丸形の
「丸形押しボタンスイッチ」と、正方形や長方形の形の
「角形押しボタンスイッチ」

側面から見た時、操作していない状態でボタンの頭部が周囲の
枠から飛び出した状態のボタンを「突形ボタンスイッチ」、
枠と同じ高さの「平ボタンスイッチ」、枠より凹んでいる
「沈みボタンスイッチ」、頭部がキノコ形になっている
「キノコ形押しボタンスイッチ」

突出部が大きく手の平でも操作できる「パーム形押しボタンスイッチ」
があります。

また、押しボタンにはいろんな色があり、JISなどで規定が決まっています。
例えば非常操作用のボタンは必ず赤色です。

ボタン部に文字などを表示できる「記名式押しボタンスイッチ」や
ボタンが発光する「昭光式押しボタンスイッチ」もあります。
最近ではランプの寿命が長いLED灯を使っているため、押しボタン
のランプ切れは少なくなっています。

名称 押しボタンの色
非常操作 赤色を使用しなければならない
始動操作 白・灰・黒が使用でき、白がもっとも適切。緑も使用できる
停止操作 黒・灰・白ができ、黒がもっとも適切とされる。赤も使用だが、非常操作機器の近くでは
使用しないのが望ましい。緑は使用不可
リセット操作 青・白・灰・黒が使用可

押しボタンスイッチのシンボルと結線図

電気工事で主に使用する押しボタンスイッチは
ONボタンとOFFボタンがセットになっているスイッチです。

押しボタンスイッチのシンボルは

【押しボタンスイッチ】

【確認表示灯付き押しボタンスイッチ】

【結線図】

コメントを残す