断路器(DS)のしくみと点検方法

断路器(DS)のしくみと点検方法です。




断路器とは


断路器はDisconnecting Switchといい、主にジスコン、DSと呼ばれています。
電路を開閉するためのもので、直接高圧負荷電流を開閉するものではありません。

断路器は、外部からその開路および閉路状態が明確にわかることから、キュービクルの
年次点検等の際に開放しておけば、万が一誤って遮断機が投入されても、感電などの
事故を防ぐことができます。

断路器の種類

V形断路器

V形断路器は、支持がいしがV形に配置されていることから小形となり、キュービクル用と
して多く使用されています。

3極連動単投形断路器

3極連動単投形断路器は、インターロック機能がある場合、断路器で負荷電流を
開閉するという誤操作を防止することができます。

断路器の選定方法

電流値が定格電流の90%以上となる場合は、一段階上の定格のものを選ぶようにしよう。
公称回路電圧6.6kVには定格電圧7.2kVのものを使用します。

定格電圧(kV) 定格電流(A) 定格短絡間耐電流(kA) 備考
7.2 200
400
600
12.5 公称回路電圧6.6kV
には定格電圧7.2kV
のものを使用する

断路器の開閉方法

断路器は、負荷電流の開閉能力がありませんので、必ず無電圧を確認してから、
操作してください。受電中に操作するとアークなどが発生する可能性があるので危険です。

【開放操作】
断路器の操作はフック棒を使用します。フック棒の先端にあるフックを断路器のフック穴
に引掛けて、フック棒を手前に引いてブレードを開放します。

インターロック機能がある場合は、鍵で施錠されていますので、鍵を開錠してから、
金具をはずし、ジスコン棒(短いタイプ)を使用して開放します。

【投入操作】
フック棒の先端にあるフックを断路器のフック穴に引掛けて、
フック棒を前に押して、ブレードを投入します。

インターロック機能がある場合は、ジスコン棒を使用し、投入し、その後金具を
差し込み施錠してください。

断路器の点検方法

断路器の点検項目です。

点検項目 備考
刃が正規の位置に入っているか 刃の入り方が足りないと、過熱する
安全クラッチが正確にかかっているか 短絡時に発生する大きな電磁力や外部の振動などに
よって、刃が開くことを防止する
刃と刃受の接触部が過熱していないか 過熱状態は、放射温度計、変色によって判断する
刃と刃受の接触面に金属同時の摩擦による焼き付きはないか 接触面を紙やすりでみがき、接点グリースを塗布する
開閉操作は円滑か 数回開閉器操作を行ない安全クラッチのかかり具合
刃の入り具合を見る
支持がいしの き裂、損傷はないか
支持がいし表面に塵やほこり、塩分が付着していないか フラッシオーバする危険がある
支持がいし表面を清掃する
支持がいしの取付ボルトはゆるんだり、脱落していないか
配線接続端子部が過熱(変色)していないか
配線接続端子のボルトの増し締めチェック
配線相互間、電線と大地間との離隔は良いか
絶縁抵抗測定

コメントを残す