電気料金・節電

空気清浄機の電気代は高い?節約情報

空気洗浄機の電気代や節約術をご紹介します。

空気洗浄機の特徴


空気清浄機は、室内の空気を集めて綺麗にする家電です。

「花粉症」「PM2.5」「風邪(ウイルス)」「たばこの臭い」
などの対策として、必要不可欠な存在になりつつあります。

空気洗浄機は、大きく分けて、ファン式と電気式があります。

ファン式は、ファンで空気を集め、フィルターに留める方式です。

フィルターはほこりなど大きなものをろ過するものと、
ウイルスなど小さなものをろ過するものに分かれています。

このように複数のフィルターを併せ持つことで、
空気をより綺麗にしているのです。

電気式は、ほこりなどを静電気で集める方法です。

静電気で集めることで、フィルターの目詰まりが起こりにくいのが特徴です。

そのため、空気を綺麗にする効果が落ちにくいメリットがあります。

空気洗浄機を使っていると、電気代が気になることはないでしょうか。

空気清浄機の電気代はいくら?

1ヵ月(30日間)使用した際の比較を行います。

ここでは、1kWh=新電力料金目安単価27円で計算します。

空気清浄機には、「弱」「中」「強」など多数の運転モードがあります。

シャープの「KC-G40」の「弱」では、1日6時間運転で16円、
12時間運転で32円、24時間運転で64円です。

対して「中」では、6時間運転で63円、
12時間運転で126円、24時間運転で253円です。

そして「強」では、6時間運転で262円、12時間運転で525円、
24時間運転で1050円となっています。

同じ空気清浄機でも、運転時間や運転モードで
大きく差が出ることが分かりますね。

ダイキンの「スタンダードモデル(MC80S-W)」には、
「しずか」「弱」「標準」「強」「ターボ」の5段階のモードがあります。

それぞれの24時間運転の電気代を計算すると、
「しずか」が115円、「弱」が173円、「標準」が274円、
「強」が504円、「ターボ」が1462円となります。

2台で考えると、24時間運転の際、
最小モードで64円~最大モードで1462円ということが分かりました。

機種や運転時間、運転モードで電気代が異なることが分かりますね。

空気清浄機の節電方法

運転モードを合わせて使う

1ヵ月24時間運転の際、シャープの「KC-G40」では、
運転モードによって32円~1050円と1018円の差があります。

同様に、ダイキンの「スタンダードモデル(MC80S-W)」では、
運転モードで115円~1462円と1347円の差です。

運転モードによって約1000円の差が出るのです。

このことから、ほこりが立たない就寝時間は運転モードを下げて、
ほこりがたちやすい日中は標準モードにするなど、
運転モードを切り替えると節約になるでしょう。

また、外出中も運転モードを下げておくと、より節約になります。

設置場所の工夫

空気清浄機の設置場所は、出入り口付近が良いといわれています。

なぜなら、部屋に入ろうとしている浮遊物を取り除いてくれるからです。

また、出入り口はほこりが立ちやすいため、効果的といえます。

空気清浄機を設置する際は、周りに何も物を置かないようにしましょう。

近くに物があると、その物のほこりに反応してしまいます。

運転モードを自動にしている場合は、上記の通り、
電気代が大きくかかってしまうことになります。

使用時間を最小限にする

シャープの「KC-G40」の6時間運転時と、
24時間運転時の18時間の差を比較します。

「弱」では、48円の差です。
「中」では、190円の差です。
「強」では、788円も差が出ています。

運転時間を最小限にとどめることで、節約することができます。

フィルターの手入れをこまめに行う

フィルターが汚れていると、空気清浄の効果が落ちます。

すると、運転モードが自動だった場合、
運転モードが上がり、電気代がかかることに繋がります。

フィルターのメンテナンスは定期的に行いましょう。

空気清浄機の運転時間・運転モードを使い分けることで節約ができる

空気清浄機の電気代と節約方法をご紹介しました。
運転時間と運転モードをうまく使い分けて、節約しましょう。

-電気料金・節電

© 2021 電気工事のwebbook Powered by AFFINGER5