第1種電気工事士 実技試験の内容

第1種電気工事士試験には筆記試験と実技試験があります。




第1種電気工事士 実技試験の内容

実技試験とは、試験問題の電気回路を現場で使用する材料を使い、
机上で作る試験です。

例えば

このような回路図が出題されます。

【実技試験の内容】
(1)電線の接続
(2)配線工事
(3)電気機器・蓄電池及び配線器具の設置
(4)電気機器・蓄電池・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
(5)コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
(6)接地工事
(7)電流・電圧・電力及び電気抵抗の測定
(8)自家用電気工作物の検査
(9)自家用電気工作物の操作及び故障箇所の修理

上記に関連した実技試験が出題されます。

また、実技試験には、毎年候補問題が10問公表され、その中から出題
されますので、10個の候補問題を丸暗記できれば合格できます。

実技試験の日程と時間

第1種電気工事士試験のスケジュールは、10月初旬の筆記試験に
合格すると実技試験を受けられます。

令和2年の実技試験は12月12日(土)か12月13日(日)の
どちらかで、試験地によって日程が変わります。

試験時間は60分間です。
その中で試験問題の電気回路の配線図(単線図)を見て、
複線図を作成し、実技試験を行います。
60分間は長いようで短いです。作業を間違えると時間が
足りなくなり、完了することができなくなります。
完了しないと不合格ですので、事前の練習が不可欠です。

実技試験の工具

実技試験に持ち込める工具は決まっています。
➡️実技試験の指定工具

実技試験の対策、コツ

複線図を書く

実際の作業も重要ですが、
実技試験に取り掛かる前に複線図を作成することも重要です。

試験で出題される配線図は単線図と呼ばれ、器具間の配線が
1本で書かれています。

しかし単線図のみでは、実際に作業するときに迷ってしまいます。
そこできちんと複線図を書くことにより、実際の作業に集中でき、
間違いなく実技作業に入れます。

複線図を書くときは、まず高圧部分を書き、その次に低圧部分を
書くと良いです。

また電線の色をわかりやすくするため、消せるボールペンなどを
使用すれば、より効率良く書くことができます。

実技試験の練習

実技試験に有効なのはやはり繰り返し練習することです。
練習量が少ないと試験本番で動揺したり、緊張したりします。

候補問題をテキストを見ながら何回も練習すれば、自信もつきますし、
作業に慣れてきます。

実技試験用の材料セットも販売されていますので、購入して
練習しましょう。

また、実技試験の注意すべき点は
一般財団法人 電気技術者試験センターのホームページに
「電気工事士技能試験の概要と注意すべきポイント」がありますので
こちらを良く見て試験に望めば良いでしょう。

コメントを残す