電気料金・節電

簡単にできる節電方法

家庭でできる節電方法です。

家電の節電方法


家電の節電方法にはいろいろな方法がありますよ。

エアコンの節電方法


・エアコンのフィルターを2週間に1回程度は掃除する。
(年間約910円の節約になります。)
・設定温度を控えめにする。(暖房時に設定温度を1℃調整すると、
10%の消費電力を抑えることができる。年間約1830円の節約になります。)
・扇風機やサーキュレーターを併用して設定温度を控えめにする。
(暖房時は扇風機、サーキュレーターを上向きにし、
微風で部屋上部の暖気を下ろすようにする。)
・オフシーズンはコンセントのプラグを抜いておく。
・室外機の吹き出し口に物を置かない。(冷暖房の効率が落ちる)
・家に帰ったら、まず換気をしてからエアコンをつける。
・カーテンをして窓からの熱を遮蔽する。

冷蔵庫の節電方法

・設定を「強」から「中」に変える(この時、冷蔵庫の温度は1〜2℃、
冷凍庫温度は2〜2.5℃上昇する。)
・扉の開け閉めの回数を減らす(在庫をメモしておく)
・食品を入れすぎない(冷気の循環を良くするため、6〜7割程度にしておく)
・引き出し式冷凍庫は隙間なく食品を入れる。
(食品同士が保冷し合うので、ドアを開け閉めしたときの温度上昇を抑えることができる。)
・冷蔵庫庫内にビニールカーテンを取り付け、冷気を逃がさないようにする。
・食品を冷ましてから入れる。
・放熱を良くするため、冷蔵庫の上や横に物を置かない。

テレビの節電方法

・画面の輝度を省エネモードにし、見ていない時はこまめに消す。
・見ない時は主電源を切る。

照明器具の節電方法

・白熱電球や蛍光灯をLEDランプに交換する。
・調光ができる器具は、明るさを落とす。
・こまめに電気を消す。

電気便座

・長時間使わない時はコンセントプラグを抜く。
・タイマーなどの節電モードを利用する。
・便器のフタを閉める。

電気ポット

・沸騰時の消費電力が大きいので、ガスコンロで沸かしてからポットに移す。
・魔法ビンタイプの電気ポットを使う。
・外出時はコンセントプラグを抜く。

炊飯器

・1日分の炊飯は1回で済ませ、残りを冷蔵庫に保管し、電子レンジで温めて食べる。
(4時間以上の保温は炊飯1回分以上の消費電力量になる。)

待機電力を抑える

待機電力は意外に気づかないうちに使われています。
外出中の世帯で、待機電力は平均で約340Wの電力を使用しています。

家電の主電源はこまめに切流。スイッチ付きのコンセントなどを利用すると
便利です。

→待機電力とは

省エネ家電を使う

省エネ家電とは、エネルギー消費を抑えた家電製品のことです。

年々、家電の性能は良くなっています。

例えば、冷蔵庫は10年前の物と
現在の物を比較すると、消費電力量が約半分になっています。

古い家電を使い続けると電気代がかかってしまいます。

(エアコンは10年前と比べて、約5%消費電力量が低くなっている。
買い替えはあまり効果がない。)

家庭の消費電力量の比率は、1位冷蔵庫14.2%、2位照明器具13.4%、
3位テレビ8.9%、4位エアコン7.4%、5位電気便座3.7%
となっています。(経済産業省 資源エネルギー庁ホームページより)

比率の高い、冷蔵庫や照明器具やテレビを省エネ家電に買い替えると
電気代を抑える効果が高いです。

契約電流の見直し

契約電流を低くすると、基本料金が安くなります。

契約種別 アンペアブレーカーの色 単位 料金(税込)
10A 赤色 1契約 286円00銭
15A 桃色 429円00銭
20A 黄色 572円00銭
30A 緑色 858円00銭
40A 灰色 1,144円00銭
50A 茶色 1,430円00銭
60A 紫色 1,716円00銭

家電があまり多くなく、オール電化でなければ契約電流を
見直して、基本料金を安くする方法もあります。

-電気料金・節電

© 2021 電気工事のwebbook Powered by AFFINGER5