自動点滅器(EEスイッチ)の種類と制御回路

自動点滅器(EEスイッチ)の種類と制御回路です。




自動点滅器とは


自動点滅器は、外の明るさを検知し一定以下の暗さになると
自らのスイッチを「入」に切り替えて照明を点灯させます。

また、外が明るくなると自らのスイッチを「切」する事によって
照明を消灯させるスイッチです。

このように自動的に照明を「入」「切」する装置を自動点滅器といいます。

防犯灯、街路灯は、夜間の歩行の安全、犯罪抑止に欠かせないものです。
自動点滅器は、夜暗くなったら自動的に防犯灯や街路灯を点灯させ、
朝明るくなったらそれらを消灯させます。
必要な時のみ電気を使うため省エネにもなります。

設置場所

自動点滅器は、下記のような場所では自動点滅器が正常に動作しない
場合があります。あらかじめ取り付け場所をご確認ください。

・樹木や建物などの陰(日中の点灯・点灯時間の長時間化の原因となります。)
・昼間でも暗い場所(日中の点灯・点灯時間の長時間化の原因となります。)
・街路や商店の照明などで夜間明るい場所(不点灯の原因となります。)

制御回路

自動点滅器で照明をONにし、タイマーで時間を設定しOFFにする
制御が一般的です。この場合のタイマーは一般型のタイマーで良いです。

実際の運用の例としては、
自動点滅器で夕方ONにし、夜中、終電後などにOFFするといった感じです。

【配線方法】
自動点滅器に電源(100Vor200V)を供給し、自動点滅器から負荷に配線します。
VVFケーブルの1.6mmか2.0mmの3芯を盤から自動点滅器に配線します。

ソーラータイマー

ソーラータイマーとは、 一般タイマーは入・切時刻を任意に設定しますが、
ソーラータイマーは、あらかじめ記憶した日入・日出時刻
に合わせて照明を自動的に入・切します。

全国を12地区に細分化して、各地区ごとに1年間を通し た
日入・日出時刻を記憶しています。
このため、地区番号を選択するだけで、
その地区の日入・日出時刻に合わせた 制御が行えます。

早めの点灯・遅めの消灯も行えます。
ソーラー機能が働く時間を基準とし、
早め90分~遅め90分の範囲で調整 が行えます。

なので自動点滅器+タイマーの代わりになります。

自動点滅器の選定・種類

自動点滅器の選定方法は、
容量、値段、デザインで選びます。

中には、3Aしかないものもあるので、照明器具の
台数によってはマグネットを設置しなければなりません。

その場合は、分電盤内に切替スイッチ「試験ー自動」を設置します。

【自動点滅器+タイマータイプ】

自動点滅器とタイマーが一体になっているタイプです。

容量が15Aなので、照明器具を多く制御できます。
マグネットを設置しなくても良いので増設工事など使用
するときに便利です。

定格:AC100V 15A

【自動点滅器+タイマーのスマートタイプ】

自動点滅器とタイマーが一体になっているスマートなタイプです。
コンパクトですが、タイマーが付いていて、消灯時間を設定できます。
消灯時間はざっくりとした設定で、約2時間単位です。

定格:AC100V 8A

【外灯に直に設置するタイプ】

自動点滅器のみのタイプです。
外灯1灯に1台を直接取付けて使用します。

定格:AC100V 3A

【壁面に取付ける一般タイプ】

自動点滅器のみのタイプです。容量が3Aなので、
分電盤にタイマーとマグネットを設置した回路で
制御します。

定格:AC100V 3A

自動点滅器の耐用年数

自動点滅器には寿命があります。以下の現象が起きた場合、
故障の恐れがあります。点検してください。

① 昼間でも点灯している
② 朝明るくなっても、なかなか消えない。
③ 点滅器の姿勢が横や逆さになっている。
④ 点滅器の外郭がひび割れている。あるいは無い。
⑤ 口出線が変色したり、ひび割れている。

適正交換時期

自動点滅器は適正に交換しましょう!
この交換時期を過ぎるとJISに規定する性能が
維持できなくなる可能性があります。

種類 1P形(一般型) 1L形、2形、3形(長寿命型)
自動点滅器 4~5年 8~10年
受台 10~15年

耐用年限

この時期を過ぎると絶縁劣化が進み、
安全上これ以上使用すると危険な場合があります。
(JIS C 8369 光電式自動点滅器から抜粋)

種類 1P形(一般型) 1L形、2形、3形(長寿命型)
自動点滅器 4~5年 8~10年
受台 10~15年

コメントを残す