電線とケーブルの違い、種類と記号

電線、ケーブルの種類と記号一覧です。




電線(絶縁電線)とケーブルとの違い

電線とは、銅線を絶縁物で被覆した電線で、ケーブルとは、絶縁電線の機械的強度、
絶縁性能を高めるための外装(シース)でさらに厳重に覆った電線のことを言います。

絶縁電線

絶縁電線は、銅やアルミニウムなどの導体を絶縁物で被覆したもので、
導体の材質や絶縁物の材質などによって種類が違います。

屋内配線用で最も多く使われるのがIV線です。

電線は天井内を転がすような配線方法は出来なく、
電線管やレースウェイなどに入れて配線します。

アース線として配線する場合は、IV線のまま転がし配線は可能です。

ケーブル

ケーブルは、導体を絶縁物で覆った電線を、多くの場合は2本や3本束ねて、
その上から保護被覆(シース)で覆ったものです。

ケーブルで最も多く使われるのが、VVFケーブルです。

VVFケーブルは平型のケーブルで、グレー色が一般的ですが、
色分けで用途を変える現場もあります。(例えば赤色は非常用回路など)
幹線や動力設備用に多く使用するのが、CVT、CVケーブルです。

特にCVTケーブルはCVケーブルを3本よった構造で、CVケーブルより
放熱しやすく、許容電流も高いので、幹線などの大電流が流れるケーブル
には欠かせないものとなっています。

キャブタイヤケーブルのVCTやCNは移動用配線ケーブルで、
ビニール製が VCT、 柔軟性・耐水性・耐熱性に優れています。
また、CN系が ゴム製で、耐摩耗性・耐衝撃性に優れています。

電線の種類

記号 名称
IV 600V ビニル絶縁電線
HIV 600V 2種ビニル絶縁電線
KIV 600V 電気機器用ビニル絶縁電線
HKIV 600V 電気機器用二種ビニル絶縁電線
IC 600V 架橋ポリエチレン絶縁電線
OW 屋外用ビニル絶縁電線
OC 屋外用架橋ポリエチレン絶縁電線
OE 屋外用ポリエチレン絶縁電線
DV 引込用ビニル絶縁電線
MLFC 600V 耐燃性架橋ポリエチレン絶縁電線
KIP 6600V 高圧機器内配線用EPゴム絶縁電線

電力ケーブルの種類と使用例

記号 名称 使用例
VVF 600V ビニル絶縁ビニルシースケーブル(平形) 電灯、コンセント、他全般
VVR 600V ビニル絶縁ビニルシースケーブル(丸形) 低圧引込等
600V CV 600V 架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル 幹線、動力、
電灯、コンセント
600V CVT 600V 単心3個より(トリプレックス)形架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル 幹線、動力
600V CVD 600V 単心2個より(デュプレックス)形架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル あまり使用しない
600V CVQ 600V 単心4個より(カドラプレックス)形架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル 幹線、動力
6600V CV 6600V 架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル 高圧引込等
6600V CVT 6600V トリプレックス形架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル 高圧引込等
6600V CVD 6600V デュプレックス形架橋ポリエチレン絶縁ビニルシーンシースケーブル あまり使用しない

通信ケーブルの種類と使用例

記号 名称 使用例
AE 警報用ポリエチレン
絶縁ビニルシースケーブル
自火報設備P型の感知器
HP 耐熱ケーブル 非常放送設備、自火報設備幹線
FCPEV 着色識別ポリエチレン
絶縁ビニルシースケーブル
構内通信回路、
照明リモコン回路
FCPEV-S 着色識別ポリエチレン絶縁ビニルシース
ケーブルの遮へい付ケーブル
構内通信回路でシールドが必要な環境
CVV 制御用ビニル
絶縁ビニルシースケーブル
警報線等
CVV-S 制御用ビニル絶縁ビニルシース
ケーブルの遮へい付ケーブル
警報線でシールドが必要な環境
ICT 電子ボタン電話デジタル
伝送用ケーブル
電子ボタン電話等
□C-FB テレビジョン受信用
同軸ケーブル
地上デジタル放送テレビ受信用
S-□C-FB テレビジョン受信用
同軸ケーブル
衛星放送受信用
UTP LAN用ツイストペアケーブル LAN用

コメントを残す