電線管の種類と用途

電線管の種類一覧と用途です。




電線管の種類

記号 名称 備考 主な用途
CD 合成樹脂可とう電線管 コンクリート埋設配管
PFS 合成樹脂可とう電線管(単層管) 自己消火性 コンクリート埋設配管
間仕切配管
露出配管
PFD 合成樹脂可とう電線管(複層管) 自己消火性 露出配管
VE 硬質ビニル電線管 露出配管
HIVE 耐衝撃性硬質ビニル管 露出配管
VP 硬質塩化ビニル電線管 地中埋設配管
HIVP 耐衝撃性硬質塩化ビニル管 地中埋設配管
E ねじなし電線管 屋内の露出配管
C 薄鋼電線管 屋内の露出配管
G 厚鋼電線管 溶融亜鉛めっき仕様もある 屋外の露出配管
PLP(PE) ポリエチレン被覆鋼管 外面一層形 屋外の露出配管
地中埋設配管
F 金属製可とう電線管 プリカチューブ等 屋内、外露出配管
(設備機器への接続等)
FEP 波付硬質合成樹脂管 地中埋設配管
MM1 1種金属線ぴ メタルモール等 屋内の壁にスイッチ、コンセント
を取付ける場合等
MM2 2種金属線ぴ レースウェイ等 機械室、EPS、倉庫等

電線管の用途

CD管(合成樹脂可とう電線管)


・CD管はオレンジ色(ライン入りもある)の合成樹脂可とう電線管で、
用途はコンクリート埋設のみ、自己消化性はありません。

・PF管よりも外径が細く、重量も軽い
・サイズは14Φ~54Φ

PF管(合成樹脂可とう電線管)


・PF管は自己消化性の合成樹脂可とう電線管で、
色は各メーカーによって何種類かあり、ライン入りもあります。

・用途は、コンクリート埋設、隠ぺい配管、露出配管等、
ほぼどんな場所でも使用可能です。

・PF管には、PFS管(単層波付管)とPFD管(複層波付管)があり、
PFD管のほうが対候性が良いが値段が上がる。屋内ならPFS管で十分です。

・サイズはPFS管は14Φ~54Φ、PFD管は16Φ~28Φ

VE管(硬質ビニル電線管)


・VE管は硬質ビニル製の電線管で、主な用途は屋外での露出配管です。
・ビニル製なので加工しやすく、また軽いので持ち運びしやすいです。
・屋外に配管した場合、紫外線により劣化します。
・屋外に配管すると、熱により、伸縮します。
(伸縮カップリングを使用すると伸縮を吸収できる)

HIVE管(耐衝撃性硬質ビニル管)

・VE管よりも耐衝撃性がすぐれています。

➡電線管のサイズ、寸法(合成樹脂管)

ねじなし電線管(E管)


・金属の電線管で、ねじがきっていないのでねじなし電線管といいます。
・薄鋼電線管よりも管の厚さが薄い電線管です。
・ねじをきる必要がないので、施工しやすいです。
・機械室、電気室等の屋内で露出配管に使用されます。
・屋外では対候性がないので、おすすめできません。
・金属製なので丈夫だが樹脂管よりも重く、かつ加工がたいへんです。
・サイズはΦ19~Φ75です。

薄鋼電線管(C管)


・厚鋼電線管より管の厚みが薄いタイプで、ねじ付きの電線管です。
・使う機会が少ない電線管です。
・サイズはΦ19~Φ75です。

厚鋼電線管(G管)


・屋外の露出配管に使用することが多いです。
・内外面ともに溶融亜鉛メッキを施した電線管を使用すると、
より対候性が増します。
・金属製でねじなし電線管、薄鋼電線管よりも厚いので、頑丈です。
・ねじをきる場合はねじ切り機が必要で、加工が困難です。
・樹脂製の電線管よりも重いので運搬が大変です。
・サイズはΦ16~Φ104です。

ポリエチレン被覆鋼管(PE管)


・金属製電線管の外面と内面を合成樹脂(ポリエチレン)で
コーティングした電線管で、耐食性に優れています。
・屋外の露出配管や、地中埋設配管に使用します。
・ポリエチレン層にキズやはがれが生じた場合は、補修塗料や防食テープ
で補修を行います。キズを放置するとそこからサビが発生します。
・サイズはΦ16~Φ104です。

金属製可とう電線管(プリカチューブ)


・金属製の可とう電線管です。
・複雑な曲げが必要なときに金属配管に変わって使用したり、
振動する動力機器への接続に使用します。
・表面が金属製の物と樹脂でコーティングしている物が
あります。金属製は屋内で使用、樹脂でコーティングされて
いる物は防水型で屋外で使用されます。
・サイズは♯10~♯101です。

➡電線管のサイズ、寸法(金属管)

波付硬質合成樹脂管(FEP)


・波付硬質合成樹脂管(FEP)は、波付構造により偏平圧縮強度を高めた、
適度の可とう性をもつ、すぐれた作業性をもった管です。
・地中埋設配管に使われます。
・丸形、角形があります。

コメントを残す