高圧機器の推奨更新時期

高圧機器の推奨更新時期の一覧です。




高圧機器の推奨更新時期

機種 更新推奨時期
柱上気中開閉器(PAS) 屋外用:10年又は負荷電流開閉器回数200回
屋内用:15年又は負荷電流開閉器回数200回
GR付開閉器の制御装置:10年
高圧CVケーブル 水気の影響がある場合:15年
水気の影響がない場合:20年
断路器(DS) 手動操作:20年 又は操作回数1,000回
動力操作:20年 又は操作回数10,000回
避雷器(LA) 15年
真空遮断器(VCB) 20年 又は規定開閉回数
油遮断器(OCB) 20年
モールド形計器用変成器 15年
高圧気中負荷開閉器(LBS) 15年
保護継電器(OCR、UVR等) 15年
高圧限流ヒューズ(PF) 屋内用:15年
屋外用:10年
高圧交流電磁接触器(VCS) 15年 又は規定開閉回数
高圧進相コンデンサ(SC) 15年
直列リアクトル(SR) 15年
高圧配電用変圧器 20年

高圧機器には〇年という明確な寿命はありません。
なぜなら機器の使用条件、環境等により大きく変化するからです。

高圧機器は重要な設備で、故障してしまうと建物全体が停電して
しまうこともありますので、故障する前に更新することが必要です。

上記の表の推奨更新時期を参考に更新計画を立てましょう。

コメントを残す