FEP管のサイズ選定と施工方法

FEP管の施工方法とサイズの選定です。




FEP管とは?


FEP管とは、波付硬質合成樹脂管と呼ばれるもので、
JIS C 3653(電力用ケーブルの地中埋設の施工方法)の
管路式電線路の管 (FEP) としての性能を持つ管です。

地中にケーブルを埋設する際に保護管として使用します。

黒色が一般的で、形はメーカーによって違いますが、
PF管やCD管を太くしたイメージです。

非常に硬く、地中に埋めた後に車両が地面に
乗っても耐えられる構造になっています。

メーカーは古河電工がエフレックス管、カナフレックスがNEWカナレックス、
TOTAKUがTACレックス、未来工業がミラレックスとなっています。

FEP管の地中埋設時の施工方法

①FEP管の埋設深さは、舗装がない場合は地表面から0.3m以上、舗装がある場合は
舗装下面から0.3m以上とする(7000V以下の場合)。

②地中埋設時の地中管相互の離隔は下記の通り

地中管路相互関係 離隔距離
低圧配管と高圧配管 0.15m以上
低圧配管と弱電配管 0.3m以上
低圧配管と特別高圧配管 0.3m以上
高圧配管と弱電配管 0.3m以上
特別高圧配管と弱電配管 0.6m以上
特別高圧配管と高圧配管 0.3m以上

※電圧の種別
・低圧:直流にあっては750V以下、交流にあっては600V以下のもの
・高圧:直流にあっては750Vを、交流にあっては600Vを超え、7,000V以下のもの
・特別高圧:7,000Vを超えるもの

③離隔がとれない場合は、難燃性のFEP管(自消性のある難燃性の管)を使用すること。
しかし金額がUPするので注意。

埋設シートの施工方法


【埋設シートとは】
管路を地中に埋設した上部に埋設し、のちにユンボ等で掘削したときに
未然に引っかけないように管路の内容表示シートです。

【埋設シートの種類】
電気設備の場合、色は2種類あり、オレンジ色は高圧、低圧用です。
赤色は通信、弱電用です。

シングル、ダブル(2倍折込)、トリプル(3.5倍折込)があり、
シングル<ダブル<トリプルの順で値段が高くなっていきます。

シングルは折込がないので、ひっかけたときにすぐに切れてしまい、
発見しづらい、ダブル、トリプルになると折り込まれているので、
ひっかけたときに折込分が伸び発見しやすくなります。

【埋設シートの埋設深さ】
埋設管路の深さが0.6mの場合は、0.3mの深さに埋設シート敷きます。
(埋設管路の深さの1/2が埋設シートの敷設深さ)

FEP管のサイズの選定

FEP管のサイズ

サイズ 外 径(約mm) 内 径(約mm)
FEP30 40 30
FEP40 54 42
FEP50 65 50
FEP65 85 66
FEP80 102 80
FEP100 130 100
FEP125 160 125
FEP150 189 150
FEP200 253 200

FEP管のサイズの選定

FEPサイズ 600V 6600V
CVケーブル CVTケーブル CVTケーブル
30 CV3.5-2C
CV5.5-2C
CV8-2C
CV3.5-3C
CV5.5-3C
CV8-3C
CV14-3C
40 CV22-2C
CV38-2C
50 CV60-3C CVT22
CVT38
65 CV100-3C CVT60
CVT100
80 CV150-3C CVT150 CVT22
CVT38
CVT60
100 CV200-3C CVT200
CV250-3C CVT250
CV325-3C CVT325

エフレックスの呼び径は、中に収める電力ケーブルの仕上がり外径の約1.5倍、
2条以上の場合は外接円径の約1.5倍の内径のものを選択する。

なお、ケーブル引き入れ時にプーリングアイなどの大きさも考慮する。
(通信ケーブルは仕上がり外径の約2倍、多条の場合は外接円径
の約2倍の内径のものを選択する。)

FEP管の付属品

FEP管には、CD管、PF管と同様にさまざまな付属品があります。

【直線継手(カップリング)】
FEP管同士をジョイントするときに使用します。
ねじ込むタイプ、被せて蝶ナットをしめるタイプなどがありますが、
ねじ込むだけで止水性がある「アクアフィット」がおすすめです。

【ベルマウス】
FEP管をハンドホールなどに接続し、ケーブルを通線する際に
ケーブルにキズがつかないように、また仕上げ用として使用します。

【コネクタ】
FEP管を盤やプルボックス等に直接接続するときに使用します。

【異種管継手】
FEP管とG管、PE管など他種類の電線管と接続するときに使用します。

コメントを残す