LED照明器具の種類

最近ではLED照明器具の種類も大幅に増えていますね。




LED照明器具の種類

埋め込み型LEDライトバー


天井に穴を開け、穴を開けた中に照明器具を埋め込みで取り付ける器具です。
電源ケーブルを接続する器具本体とLEDライトバーの2つの組み合わせになっています。
LEDライトバーを変えることで、色温度や明るさを変化させることができます。

【主な取付場所】
事務所、店舗等

LEDライトバー露出型(反射笠、逆富士形)

【逆富士形】

【反射笠】

天井面に穴を開けずに、ボルトを天井裏から出し、取り付ける器具です。
電源ケーブルを接続する器具本体とLEDライトバーの2つの組み合わせになっています。

【主な取付場所】
反射笠形は笠付の器具で機械室や倉庫、駐車場などに使用します。
逆富士形は文字の通り、富士山を逆にしたような形をしており、事務所や店舗などに
使用します。

LEDダウンライト


LEDダウンライトとは、天井に穴を開け、
その穴に照明器具を埋め込んで取り付けます。
LEDダウンライトは白熱灯や蛍光灯と違い、ランプを交換することが
できない物が多くあり、本体と一体になっています。

【主な取付場所】
トイレ、脱衣所、廊下等

LEDシーリングライト


引っ掛けシーリングに取り付ける露出形の照明器具です。

【主な取付場所】
一般家庭のリビング、ダイニング、和室、子供部屋等

LEDスポットライト


アームが付いていて、首が振ることができ、壁にある絵や商品などをピンポイントで
照らす時に使用します。
ライティングレールとセットで設置することが多く、ライティングレールなら
レール上であればどこにでも移動できるのがメリットです。

【主な取付場所】
店舗、一般家庭のリビング、ダイニング

LEDブラケット


玄関の壁やエントランスホールの壁に設置する、露出形の小さい器具です。
直接光が見えるタイプや間接照明タイプなど様々な形があります。

【主な取付場所】
玄関、エントランスホール、階段等

LED間接照明

照明器具が見えないように建築工事で天井に照明ボックスや掘り込みを作り、
その中に照明器具を設置します。
光が直接見えないので、やわらかい光が欲しい部屋などに最適です。
設置する器具は、トラフ形、建築化照明器具など、細く、長い器具がおすすめです。
更にスペースが無い場合はLEDテープライトがあります。テープライトはLED部分は
小さいのですが、電源装置を別に設置しますので、電源装置のスペースを考慮する
のを忘れないでください。

【主な取付場所】
エントランスホール、トイレ、一般家庭のリビング、ダイニング、寝室等

LEDペンダントライト

照明器具にヒモ(コード)が付いていて、天井から吊り下げて使用する照明器具です。
笠が付いているタイプや球体形、円筒形など色々な種類があります。
ダイニングのテーブル、飲食店のテーブルなどの照明に最適です。

【主な取付場所】
食堂、食品売り場、一般家庭のダイニング、階段等

LEDフットライト

廊下や階段などに設置し、夜間でも天井の照明を点灯せず、
足元のみを照らすことができる照明器具です。
人感センサー付きやコンセント付き、ライト部のみ取外し可能なタイプもあります。

【主な取付場所】
一般住宅の廊下、階段等

LEDシャンデリア

シャンデリアは西洋のガラスの装飾品とライトを融合した照明器具で、天井から
吊り下げて設置するタイプが多いです。
シャンデリアを設置すると部屋が豪華に演出できます。

【主な取付場所】
エントランス、ロビー、一般家庭のリビング、ダイニング、寝室等

コメントを残す