Pスリーブ、Bスリーブのサイズと電線包合容量

PスリーブとBスリーブの適正サイズ表です。




Pスリーブのサイズと電線包合容量

Pスリーブ呼名 電線包合容量(mm2)
2 1.04~2.63
5.5 2.63~6.64
8 6.64~10.52
14 10.52~16.78
22 16.78~26.66
38 26.66~42.42
60 42.42~60.57
70 60.57~76.28
80 76.28~96.3
100 96.3~117.2
150 117.2~152.05
180 152.05~192.6
200 192.6~242.27
325 242.27~325.0

※複数本電線でも、断面積の合計が呼び断面積の範囲内
であれば圧着接続できるが、この場合には同じ材質で、
かつ、類似の線径の軟銅線を使用する。

Pスリーブは直接重ね合わせスリーブです。
終端重合せ用に使用しても問題ありません。

Pスリーブを使用するときは圧着する電線の合計スケア数に
合ったサイズを選択し、圧着ペンチも適合サイズのものを
使用しましょう。

【例1】
14sqと14sqを圧着する場合、
14sq+14sq=28sqなのでPスリーブは38を使用して圧着します。

【例2】
38sqと60sqを圧着する場合、
38sq+60sq=98sqなのでPスリーブは100を使用して圧着します。

Bスリーブのサイズと電線包合容量

Bスリーブ呼び名 電線抱合容量(mm2) 電線抱合容量(単線mm)
1.25 0.25~1.66 0.57~1.44
2 1.04~2.63 1.14~1.82
5.5 2.63~6.64 1.82~2.89
8 6.64~10.52 2.89~3.65
14 10.52~16.78
22 16.78~26.66
38 26.66~42.42
60 42.42~60.57
100 96.3~117.2
150 117.2~152.05
200 192.6~242.27
250 250
325 242.27~325

Bスリーブは、直接突合せ用スリーブで、直線接続に使用されます。

Bスリーブはそのままケーブルサイズに合わせて使用すればOKです。

Bスリーブの使用用途は、幹線ケーブルを接続する場合等に使用します。
Bスリーブで圧着した後は、きちんと圧着できているか両方のケーブル
を引っ張って、抜けないか確認します。

圧着した後の絶縁処理はレジンを注入するタイプ、伸縮チューブタイプ、
絶縁カバーをかぶせるタイプなどがあります。

エフコテープを巻いてビニルテープを巻く方法もありますが、天井裏など
温度が高くなる場所は、後に劣化し、短絡や漏電する恐れがあるので、
あまりおすすめできません。

P形スリーブ、B形スリーブ用圧着ペンチ

P形、B形スリーブは圧着端子の呼びが1.25~8mm2までは
手動片手工具(ハンドルの握り部分が赤色)
8mm2を超えるものには手動両手式、
手動油圧式、電動油圧ヘッド分離式工具を使用します。

手で8mm2~38mm2まで圧着できるすぐれ物です。

裸圧着端子および裸圧着スリーブの接続に用いる工具は
JIS C 9711:1997「屋内配線用電線接続工具」によるもの。

工具のダイス部分には適合するスリーブの呼び等が示されており、圧着完了すると
使用したダイスが確認できるように、圧着マークが刻印されます。

コメントを残す