VVFケーブルとは、サイズ、許容電流

VVFケーブルは住宅や建築物の屋内で多く使われるケーブルです。




VVFケーブルとは

正式名称を「600V ビニル絶縁ビニルシース平形ケーブル」といいます。

VVFケーブルは住宅や建築物の屋内で多く使用するケーブルです。
照明やコンセントの電源に使用されます。

外装はグレーが一般的で、平べったい形をしています。
外装を「ビニルシース」、内部の被覆を「ビニル絶縁体」、銅の部分を「導体」
と言います。

電圧が600Vまでなので、低圧電源にしか使用できません。

VVFケーブルのサイズ、太さ、許容電流

サイズ
○芯×○(mm)
仕上げ外径
(mm)
許容電流
(A)
2×1.6 6.2×9.4 18
2×2.0 6.6×10.5 23
2×2.6 7.6×12.5 32
3×1.6 6.2×13.0 15
3×2.0 6.6×14.0 20
3×2.6 7.6×17.0 27
4×1.6 6.2×16.0 15
4×2.0 6.6×18.0 20

サイズは
心線の太さが1.6mm,2.0mm,2.6mm
心数は2芯、3芯、4芯とあります。

太くなるにつれて、許容電流がアップします。
1.6mmは15A
2.0mmは20A
2.6mmは30A
と覚えておけば、良いでしょう。

配線する距離が長くなると、1サイズ太い電線を選びます。
30A以上の場合は、CVケーブルやVVRケーブルなどを使用します。

電線の許容電流(VVケーブル)

一般的にVVF2.0-3Cの場合、2芯を電源に使用し、1芯をアース(接地線)に使用します。

外装はグレーが多いですが、カラーエフと呼ばれる色が着いたVVFケーブルもあります。
用途によって色を使い分けたり、建物の内装に合わせてシースの色を変えたりできます。

内部のビニル絶縁体の色にも違いがあり、
VVF2.0-3Cの場合
・「赤・白・黒」:スイッチの配線などに使用
・「黒・白・緑」:100V回路のコンセントや照明回路などに使用
・「赤・黒・緑」:200V回路の照明やコンセント回路などに使用
と使い分けて、誤結線が無いようにします。

使い方、屋外での使い方

VVFケーブルは天井内ころがし配線、電線管内配線、ケーブルラック上配線
など様々な場所で使うことができます。

屋外ではVVFケーブルを露出で使用すると紫外線による劣化が激しいので、
電線管に入れて使います。

VVFケーブルはホームセンター、アマゾンで売っている

建築現場で使用する場合は、100m1巻で購入します。
(ドラム巻きでも注文できます。500m,1000m)

住宅、家庭用で使用する場合は、ホームセンター、アマゾンで購入できます。
ホームセンターなら、1m単位で切り売りで購入できます。
アマゾンは5mから購入できます。

価格はVVF2.0-3Cが1mで100円前後です。

コメントを残す