コンセント・スイッチ・配線器具 施工方法

はさみ金具の使い方、開口寸法、種類

はさみ金具の使い方、ボードの開口寸法、種類です。

はさみ金具の使い方


はさみ金具はスイッチやコンセントを埋め込みボックスが壁内に入れていないときに使うものです。
多く使用するタイプが石膏ボード用C型はさみ金具で、形がC型になっています。

取付方法は
①スイッチやコンセントを取付ける位置の壁のボードを開口します。

②配線し開口したボードの穴からケーブルを取り出します。

③ケーブルにスイッチやコンセントを先に取付けます。

④スイッチやコンセントをはさみ金具の上部のビス穴にビスを差し込み、はさみ金具がぎりぎり取れないくらいに仮に締めます。

⑤はさみ金具の下部を開口したボードの穴に入れてから上部を入れビスを締めます。

⑥仮に固定し、下部のビス穴にビスを差し込み、スイッチやコンセントを固定します。

⑦水平器等を利用して、曲がらないようにし、ビスを締め固定します。

⑧プレートを取付け完了です。

石膏ボード用C型はさみ金具は1連用です。
2連以上場合は、石膏ボード用取付押え金具(2連用)(3連用)(4連用)があります。

石膏ボードの厚みによりビス(ボディービス)の長さを変えます。2枚貼り、3枚貼りの場合は長いビスが必要です。

はさみ金具の開口寸法

ボード開口は回し引き(引き回し鋸)を使用します。
ボードを開口するときの寸法は

【1連】
W(幅)50mm×H(高さ)95mm

【2連】
W(幅)97mm×H(高さ)95mm

【3連】
W(幅)143mm×H(高さ)95mm

【4連】
W(幅)189mm×H(高さ)95mm

【5連】
W(幅)235mm×H(高さ)95mm

【6連】
W(幅)281mm×H(高さ)95mm

はさみ金具の種類

いろんな種類のはさみ金具があります。

【石膏ボード用C型はさみ金具】

C型のはさみ金具、1箱20枚入りボディービスも付いています。
付属のボディービスがボード1枚貼り(12mm以下)まで対応なので、2枚貼り以上はボディービスを別に用意します。

【石膏ボード用はさみ金具】

上下別に分かれているはさみ金具です。ボード厚さ7mm~18mmまで対応可能です。1箱20個入りです。

【石膏ボード用押さえ金具】

1連用、2連用、3連用、4連用があり、組み合わせで5連、6連まで対応可能です。
ボード厚さは9mm~30mmまで、固定できる金具が付いているので、取付けが簡単です。

-コンセント・スイッチ・配線器具, 施工方法

© 2022 電気工事のwebbook Powered by AFFINGER5