リングスリーブ(E形)の最大使用電流、電線組合わせ

リングスリーブを使用するときは
電線のサイズと本数に合わせ
正しいサイズのリングスリーブで圧着します。




リングスリーブとは

リングスリーブ(終端重合せ用スリーブとも言う)とは、
電線同士をジョイントするときに使用する材料です。

形は筒状で、サイズは大、中、小の3種類あります。

サイズによって、ジョイントできる電線の本数が変わります。

ジョイントするときは、「圧着ペンチ」を使用します。

リングスリーブを使用するメリット、デメリット

リングスリーブのメリット
・確実に接続できるので、電線の抜け等がない。
・差込みコネクタよりも安い。(コストを削減できる)
・差込みコネクタよりも種類が少ないため、効率が良い。

リングスリーブのデメリット
・圧着した後ビニルテープ巻きをするので、時間がかかる。
(リングスリーブ用のキャップはかぶせるだけでOK)
・圧着ペンチ(工具)が必要。

リングスリーブの圧着方法

①電線の被覆を剥く(被覆を剥く長さはスリーブ長より1.5~3.5mm長く剥く)

②圧着する電線の本数に合った圧着スリーブで圧着する。

③圧着後にはみ出ている電線をペンチで切り、電線の切り口の突起を無くすため、
ペンチでたたく。

④ビニルテープか絶縁キャップで絶縁処理する。

⑤正しく刻印が入っているかを必ず確認します。

リングスリーブに電線の絶縁被覆が入ってしまったら失敗ですので、やり直しになります。

リングスリーブの最大使用電流及び使用可能の電線組合わせ

電線組合せ(同一の場合)
呼び 最大使用
電流(A)
同一の場合
1.6mm又は
2.0mm2
2.0mm又は
3.5mm2
2.6mm又は
5.5mm2
20 2本
3~4本 2本
30 5~6本 3~4本 2本
30 7本 5本 3本
電線組合せ(異なる場合)
呼び 最大使用
電流(A)
異なる場合
20 1.6mm 1本と0.75mm2 1本
16mm 2本と0.75mm2 1本
20 2.0mm 1本と1.6mm 1~2本
30 2.0mm 1本と1.6mm 3~5本
2.0mm 2本と1.6mm 1~3本
2.0mm 3本と1.6mm 1本
2.6mm 1本と1.6mm 1~3本
2.6mm 1本と2.0mm 1~2本
2.6mm 2本と1.6mm 1本
2.6mm 1本と2.0mm 1本と1.6mm 1~2本
30 2.0mm 1本と1.6mm 6本
2.0mm 2本と1.6mm 4本
2.0mm 3本と1.6mm 2本
2.0mm 4本と1.6mm 1本
2.6mm 1本と2.0mm 3本
2.6mm 2本と1.6mm 2本
2.6mm 2本と2.0mm 1本
2.6mm 1本と2.0mm 2本と1.6mm 1本

【例】
2.0mmを3本圧着したい場合は、中スリーブを使って圧着します。

リングスリーブ用圧着ペンチ

圧着ペンチには、特小(1.6mm×2)、小、中、大の4種類のサイズがあります。
必ず適正なサイズで圧着しましょう。

➡各種電線、ケーブルの絶縁処理方法

リングスリーブを圧着する圧着ペンチは柄は黄色です。

赤色がP、Bスリーブ、圧着端子用圧着ペンチです。
こちらも適正な圧着ペンチを使用しましょう。

リングスリーブの許容電流は小が20A、中、大が30Aまでです。
それ以上の場合はPスリーブを使用してください。

3件のコメント

  • リングスリーブの種類と圧着で、電線1.6mm又は2.0mm2で、3~4本は「小」とあるが、「中」の間違えでは!

    • 管理人

      電線1.6mm又は2.0mm2で、3~4本は「小」で間違いありませんよ。

  • はじめちゃん

    きっと、さとうさんは2ミリが4本小スリーブは無理と言いたいのだと思います。

コメントを残す