工事現場でおすすめの空調服(ファン付作業服)

今や夏にかかせない空調服、工事現場でおすすめの空調服
はこれです。




ファン付き作業服(空調服)とは


空調服は、小さいファンが付いた作業服です。
ファンはバッテリーで回転し、作業服の中に空気を送り込みます。

作業服の中が換気される状態なり、
常に扇風機に当たってるような感覚で作業です。

工事現場や工場、屋外作業時等エアコンが
無い過酷な環境でも快適に作業できます。

空調服にはファンとバッテリーが必要

空調服には小さいファンが2個付いていて、
バッテリーのスイッチで風量を調整できます。

猛暑日には風量はMAX、そうでも無い日は
風量を最小にすることができますよ。

風量の設定は4段階あり、MAX風量の場合、
約5.5時間 最小風量の場合、約24時間連続使用可能です。

バッテリー残量は、9段階で表示され、残量を確認できます。
ピンコネクター数が2個あり片方が
つぶれてももう片方に差せば使用可能です。

バッテリーは電気機械器具の外郭による
保護等級JIS IPX5(完全防水)規格準拠ですので、
汗や雨などで多少濡れても大丈夫です。

空調服メリット、デメリット

メリット

【熱中症対策に最適】
日本の夏は年々暑くなっています。猛暑日の35℃以上の日が毎年のように
発生しています。

このような過酷な環境で、屋外やエアコンのない場所で仕事をすると
当然熱中症になる危険性があります。

熱中症は最悪の場合、死に至ることもあるので、軽く考えるのは非常に
危険です。

空調服を着れば、熱中症対策に最適です。
多少動いても、汗をかかないで過ごせますよ。

デメリット

【ちょっと重い】
ファンが付いていて、かつバッテリーを空調服の内ポケットに
入れているので、通常の作業服よりも重くなります。

【ファンの音がうるさい】
ファンは小さいんですが、建物の中で風量をMAXにすると結構な音がします。

【バッテリーが切れるとかなり暑くなる】
生地が通さないようになっているので、通気性があまりありません
バッテリーが切れると通常の作業服よりも服内は暑くなります。
替えのバッテリーを用意しておくのが良いです。

空調服 おすすめ

現場用ならフルハーネス安全帯対応空調服
今後普及するフルハーネス安全帯は体全体で落下をささえるため、
ベルトが体全体を保護します。

空調服は作業服の内部を換気して、体の温度を下げます。
フルハーネス安全帯を付けると作業服内部の風がベルトで
遮られますから、効率が落ちてしまいます。

フルハーネス安全帯対応空調服ならランヤードを背中から取り出せる
穴が開いているため、空調服の内部にフルハーネス安全帯を装着でき、
風を遮りません。

また、安全帯をらくに掛けることができます。

コメントを残す