引掛けシーリングの種類、取付方法

引っ掛けシーリングの種類と取付方法です。




引掛けシーリングとは

引掛けシーリングとは、照明器具を取付けるための配線器具で、
マンション等に設置されています。

照明器具を自由に交換できるので、
引っ掛けシーリングがあると便利です。

また、引っ掛けシーリングは、シャンデリア等の重い照明器具
を取り付けることもできるようになっています。

引掛けシーリングの種類

引掛けシーリングの種類は、
【丸型フル引掛けシーリング】

和室目透かし天井、洋室天井におすすめタイプです。

【フル引掛けローゼット】

洋室天井におすすめタイプで、金属製のツバがついているので
重量が重い照明器具でも耐えられます。

【丸型引掛けシーリング、引掛けローゼット(コンセント付き)】

引っ掛けシーリングにコンセントが付いているタイプです。

【角形引掛けシーリング】

本体が小さいので、和室のコードペンダント器具にぴったり合います。
ペンダントカバーに引っ掛けシーリングが隠れますので、見た目も
良いです。

引掛けシーリングの取付方法

①引掛けシーリングに接続する器具の重さが5kgを超えるものは、
ローゼットの電気的接続部に荷重が加わらないようにすること。

②高荷重形引掛けシーリングローゼットによる施設は引掛けシーリングに
接続する器具の重さが10kgまで。10kgを超える照明器具は取付できません。

③引っ掛けシーリングは、天井の躯体に、インサートまたはアンカーを取付、
そこに全ネジボルトを吊し、アウトレットボックスを取付ます。
アウトレットボックスは、照明器具の熱で変形し、
照明器具が落下するのを避けるため、鉄製のものを使用します。

④引っ掛けシーリングの取付け、交換は電気工事士資格が
無いと出来ませんので、電気工事店に依頼してください。

コメントを残す