暖房家電には種類がある?特徴を把握して電気代とのバランスを考えよう

電気を使った暖房家電は、直火を使わないからこそ
安全性が高いと考えられています。

そして、空気を汚さないという面から、
ついうたた寝をしてしまう人であっても安全に使える暖房器具です。

しかし、電気代のことを考えずにつけっぱなしにすると、
電気代の高さに悩まされてしまうでしょう。

では、節電しつつ寒い冬場を快適に過ごすためには、
どのような暖房家電を使えば良いのでしょうか。




暖房家電は暖める広さに応じて2種類に分けられる


暖房家電は空間そのものを暖めるのか、
身体の一部のみを暖めるのかという2つの使い方があります。

部屋全体を暖めるためには、高出力な暖房家電が必要となりますが、
1人だけを暖めるならば低出力でも構わないわけです。

そこで、暖房選びを行う際には次のような2種類に分けて考える必要があります。

部屋全体を暖める暖房家電

部屋全体の空気そのものを暖める暖房家電は、室温を上げることにより快適さを提供します。
・エアコン(機種及びインバーター機能によりリアルタイムに変化)
・オイルヒーター(1,300W)
・蓄熱ヒーター(2,000W~7,000W)

暖房家電により部屋全体の空気を暖めることになるので、
対応する暖房能力は部屋の広さと外気温・断熱性能の組み合わせで選びます。

木造6畳用のエアコンは鉄筋コンクリート造8畳程度に対応していますが、
木造8畳の部屋では暖房能力が不足しがちです。

暖房家電ならば基本的に化石燃焼とは異なり空気そのものが汚れないものの、
飽和水蒸気量が気温の上昇により増えることで室内は乾燥します。

部屋の室温自体を全体暖房により引き上げるので、
1部屋に複数人で過ごしている場合には効率的な暖房家電と考えて良いでしょう。

部分的に暖める暖房家電

暖房家電には昔ながらのこたつのように、部屋の室温はほとんど変わらずに使用している
本人だけが暖まれるタイプの部分暖房があります。

以下の暖房家電は室温を上げる効果は少なく、
個人を暖めるか全体暖房の補助として使用するタイプです。
・電気ストーブ(600W~1,300W)
・ハロゲンヒーター(200W~600W)
・セラミックファンヒーター(300W~1,200W)
・こたつ(300W~600W)
・パネルヒーター(100W~1,400W)
・ホットカーペット(200W~1,400Wサイズと設定温度による)

電気代が安い暖房家電はどれになる?

電気代が安い暖房家電がどれになるのか判断するためには、
暖房家電を使う人がどれくらいの暖房能力を必要としているのか
という点を考慮しなければなりません。

定格出力の暖房家電は電気代を計算しやすい

消費電力が決まっている暖房家電は、
定格消費電力と使用時間から手軽に電気代を計算できます。

定格消費電力×使用時間÷1,000W×電力単価(円)=
1時間あたりの暖房家電が消費する電気代

という計算式が成り立つので、セラミックファンヒーター強(1,200W)を
電力単価27円で1時間使用すると、32.4円となります。

エアコンはインバーター機能によりリアルタイムに消費電力量が変わる

暖房家電の中で最も電気代が分かりにくいのはエアコンです。

なぜなら、エアコンはインバーター機能により出力がこまめに変わるだけでなく、
ヒートポンプにより運転されているので外気温次第で暖房能力と消費電力が大きく変わるからです。

COPと呼ばれる数値がエアコンには記載されていて、
2.2kWの暖房能力を持つエアコンであっても実際に2,200Wを消費するわけではありません。

消費電力を上回る暖房能力を出せるからこそ、
1Wの消費電力で2~5W分の暖房能力を出せるほど暖房効率が良い製品です。

このため、1,300Wのオイルヒーターよりも700W程度消費して
2,200W分の暖房能力を出しているエアコンの方が暖房効率が良く電気代も安くなります。

省エネ効率が高い暖房家電はエアコン

多くの暖房家電はCOPの数値が1前後となっていて、
消費電力に見合った暖房出力となります。

エアコンのみがヒートポンプにより消費電力の数倍の暖房能力を出せるので
省エネ効率が高く電気代も安くなるわけです。

しかし、外気温が7度以下の状況となると、
エアコンの暖房効率は下がり外気温2度以下では
同じ消費電力に対して外気温が高い時の50%~70%程度の暖房出力しか出せません。

このため、外気温が氷点下まで下がっている時には余力がある
高出力なエアコンでなければ暖房能力が追いつかないことがあるわけです。

→節電狙いならエアコンとサーキュレーターの組み合わせ

コメントを残す