圧着スリーブ・圧着端子

棒端子の使い方、種類、サイズ、圧着方法

棒端子はCVケーブルなどのヨリ線を配線器具に差込むときに使います。

棒端子の使い方


CVケーブルなどのスケア線の芯線はヨリ線になっており、
そのままではコンセントやスイッチの接続穴に差込めません。

そこでCVケーブルの芯線に棒端子を圧着すると差込めるようになります。

また、VVF2.6mmも同様にそのまま配線器具には差し込むことはできませんので、
棒端子を圧着することで差し込むことができます。

後はカンタッチブレーカーにCVケーブルを差し込むときも棒端子を使用します。

棒端子の種類、サイズ

配線器具に使用する場合は、パナソニックWV2504がおすすめです。

3.5mm2~5.5mm2、Φ2,6単線のケーブルに対応しています。絶縁被覆も付いています。

※定格20A以下なので30Aブレーカーには使用できません。

カンタッチブレーカーに使用する場合は、
ケーブルサイズに合わせ、棒端子のサイズを選びます。

1.25mm2~8mm2まで対応可能です。

ヨリ線サイズ 適合棒端子品番
1.25mm2・2.0mm2 BB9924
3.5mm2・5.5mm2 BB9921
8.0mm2 BB9922

※パナソニック製

棒端子の圧着方法、圧着工具

棒端子の圧着方法は
①ケーブルの外装を剥き、被覆を7mm剥き芯線を出します。

②芯線に棒端子を差し込み、圧着ペンチで圧着します。

③圧着したら棒端子の先端から絶縁被覆を被せて完了です。

圧着ペンチは端子用の物(柄が赤色)を使用します。

-圧着スリーブ・圧着端子

© 2022 電気工事のwebbook Powered by AFFINGER5