雷保護設備の規定

雷保護システムの構成は、2つから成ります。




外部雷保護システム

外部雷保護システムは、雷電流を安全に大地に流すものです。
外部雷保護システムを構成するには、まず保護レベルを選定し、
受雷部を配置して、引下げ導線システムの引下げ導線間の
平均間隔を決定します。

保護レベルは、Ⅰ~Ⅳまであり、建築物の規模・種別、
落雷密度、環境条件などにより、選定する。

保護レベルごとの保護効率
保護レベル 保護効率 最小雷撃電流(kA) 雷撃距離(m)
0.98 2.9 20
0.95 5.4 30
0.9 10.1 45
0.8 15.7 60

また、受雷部を配置するための方法には、回転球体法、
保護角法、メッシュ法があります。

受雷部の保護範囲は、従来一般建築と危険物関連貯蔵取り扱い施設
に対しての保護角の値が規定されていましたが、これまでの
落雷の状況や雷放電の研究結果により、この値では十分でないこと
が明らかになりました。よって、JEC6102-1においては
雷保護実績の高い回転球体法を主体に採用しているところから、
JIS A 4201:2003においてもこれに整合をさせて改訂しています。

保護レベルに応じた受雷部の配置

保護
レベル
回転球体法
R(m)
20
30
45
60
保護
レベル
保護角法
20m
保護角法
30m
保護角法
45m
保護角法
60m
保護角法
60m超過
25 * * * *
35 25 * * *
45 35 25 * *
55 45 35 25 *
保護
レベル
メッシュ法
幅(m)
5
10
15
20

内部雷保護システム

内部雷保護システムは、被保護物内の雷の電磁的影響を低減する
ものです。

内部雷保護システムは、電子機器などの弱電機器の過電圧を避けるため、
建築物内の等電位ボンディング、遮へい、離隔、
SPD(Surge Protective Device:サージ防護デバイス)
接地などで対応します。

施工においては、等電位ボンディングバーやボンディング用導体、
SPDと雷保護システム、金属製工作物、被保護物内の電力・通信設備
を接続することにより等電位化を行います。

コメントを残す