非常照明の設置基準、バッテリー交換時期

非常照明の設置基準、バッテリー交換時期です。




非常照明とは


非常照明とは、映画館、病院、博物館、図書館、ホテル、
デパート、スーパーマーケット等の大人数が集まる場所で、
火災、停電が起きた時でも安全に避難できるように居室内や
通路に設置する照明器具です。

非常照明には、電池内蔵形と電源別置形があります。
電池内蔵形は非常照明本体にバッテリーが内蔵しているタイプで、
本体に電源を接続し、電源が切れれば自動でバッテリーに切り替わり
点灯します。

電源別置形は本体にバッテリーは内蔵しておらず、直流電源装置
を設置し、その装置から停電時は電源を供給し点灯します。

非常照明の設置基準

非常用の照明装置は、不特定多数の人々が利用する
特殊建築物および一定規模以上の建築物の居室、
採光上の無窓の居室などとその避難経路に設けるもので、
以下の表の場所で設置が義務づけられています。

対象建築物
特種建築物
・劇場、映画館、演芸場、観覧場、公会堂、集会場
・病院、診療所(患者の収容施設があるものに限る)
ホテル、旅館、下宿、共同住宅、寄宿舎、児童福祉施設等
・学校等、博物館、美術館、図書館
・百貨店、マーケット、展示場、キャバレー、カフェ、ナイトクラブ、
バー、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、待合、料理店、飲食店、
物品販売業を営む店舗(床面積10m2以内のものを除く)
階数が3以上で、延べ面積が500m2を超える建築物
延べ面積が1000m2を超える建築物
無窓の居室を有する建築物

・直接照明で、床面において水平面照度でハロゲン、白熱灯は1Lx、
LED、蛍光灯は2Lx以上あること。(地下街の地下道は10Lx以上)
・常用電源が断たれた時、予備電源により即点灯する光源が有ること。
・周囲温度140℃の状態で30分間点灯を維持できるもの
・照明カバー、その他付属するものを含み、
主要な部品は不燃材料で製作する。または覆うこと。
・停電後充電を行うことなく30分間以上の放電に耐えれれるもの。

非常照明の配置

単体で配置する場合(平常時消灯、非常時点灯形)

非常照明の設置基準の見直し

非常照明の設置基準を合理化する告示が改正されました。

【改正内容】
「規制の適用を受けない居室」として、次の居室を加えることになりました。
・床面積が30m2以下の居室で、地上への出口を有するもの
・床面積が30m2以下の居室で、地上まで通ずる部分が
次の①または②に該当するもの

①非常用の照明装置が設けられたもの
②採光上有効に直接外気に開放されたもの

(例)非常灯が設置している廊下等に面している居室の床面積が
30m2以下の場合は非常照明の設置が免除されます。

非常照明のLED化

非常用光源の建設省告示が改正され、国土交通大臣認定なしで、
JIL評定品としてLEDの商品化が可能になりました。

非常照明もLED化しています。LED化するメリットは、
専用型であれば、
・器具の埋込深さが浅くなった。
・器具の重量が軽くなった。
・電圧がフリー(100V~242V)

一般照明兼用型であれば
・省エネ(電気料金が安くなる)
・電圧がフリー(100V~242V)

非常照明のバッテリー交換頻度

非常照明にはバッテリー内蔵タイプとバッテリー別置タイプがあります。
バッテリーには寿命があり、定期的に交換しなければなりません。

非常照明に内蔵されているバッテリーの交換時期は4~6年です。
バッテリー別置タイプの直流電源装置のバッテリーは機種により
違いますので、バッテリーの型番を調べて確認してください。

非常照明本体の交換時期は8~10年となっています。

非常灯の配線

非常灯の配線は、バッテリー内蔵タイプとバッテリー別置タイプで違います。
バッテリー内蔵タイプは、一般のケーブルで配線します。
ケーブルはFケーブル、CVケーブルを使用します。
バッテリーを内蔵していますので、電源を供給している配線が火災などで
断線しても点灯します。

バッテリー別置タイプは、直流電源装置のバッテリーから非常電源を
供給しています。

火災などで、配線が断線すると非常灯は点灯しませんので、
耐火ケーブルはFPケーブルを使用します。

電線管に入れる必要な無く、天井内ころがし配線で問題ありません。

コメントを残す