電線、ケーブル

CVケーブルのサイズ、外径、重量、用途、CVとCVTの違い

CVケーブルのサイズ、外径、重量、用途、CVケーブルとCVTケーブルの違いです。

CVケーブルとは


CVケーブルは、正式名称を架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(Cross-linked polyethylene insulated Vinyl sheath cable)と言います。

構造は、導体の周りに絶縁体(架橋ポリエチレン)が施され、銅テープやビニルシースなどで覆われています。

ポリエチレンは絶縁性能が高く入手が簡単である一方で、電流で発生する熱に対して弱いというリスクがありましたが、

架橋ポリエチレンは、分子を網状に補強する「架橋」を施すことで耐熱性能を高めています。

また、最高許容温度が90℃となるため、CVケーブルの電流容量も大きくとれます。

CVケーブルのサイズ、外径、重量

【CVケーブル 単心】

サイズ 仕上がり外径
(約mm)
概算質量
(kg/km)
2 6.4 60
3.5 7.0 80
5.5 8.0 115
8 8.6 135
14 9.4 200
22 11.0 290
38 13.0 455
60 15.5 685
100 19.0 1120
150 22 1600
200 26 2150
250 28 2670
325 31 3410
400 34 4160
500 38 5190
600 41 6170

【CVケーブル 2心】

サイズ 仕上がり外径
(約mm)
概算質量
(kg/km)
2 10.5 120
3.5 11.5 165
5.5 13.5 235
8 15.0 300
14 16.5 435
22 19.5 635
38 24 1020
60 29 1570
100 37 2580
150 43 3710
200 50 4980
250 54 6140
325 60 7820

【CVケーブル 3心】

サイズ 仕上がり外径
(約mm)
概算質量
(kg/km)
2 11.0 150
3.5 12.5 210
5.5 14.5 300
8 16.0 380
14 17.5 585
22 21 860
38 25 1410
60 31 2170
100 40 3580
150 46 5180
200 54 6940
250 58 8600
325 65 11000

【CVケーブル 4心】

サイズ 仕上がり外径
(約mm)
概算質量
(kg/km)
2 12.0 180
3.5 13.5 260
5.5 16.0 370
8 17.0 485
14 19.0 745
22 23 1120
38 28 1800
60 35 2800
100 44 4650
150 51 6760
200 60 9060
250 65 11300
325 72 14400

CVケーブルの用途

CVケーブルは、耐候性があり、屋外での露出配線も可能なケーブルです。

主な使用用途
【動力設備機器(ポンプ、ファン)】
動力機器は容量が大きいものが多く、電流値が高いのでCVケーブルを使用する。

【距離が長い場合】
分電盤から機器までの距離が長くなるとケーブルの電圧降下が発生します。
例えば、20Aのブレーカーサイズの場合、CV5.5°やCV8°のケーブルを配線します。

【幹線】
幹線ケーブルは機器の合計容量になるので、ブレーカーサイズも大きくなり、その容量に見合う
ケーブルサイズはCVケーブルかCVTケーブルになります。

【屋外】
VVFケーブル(ビニル絶縁電線)は対候性があまりないため、CVケーブルを使用します。

CVケーブルの許容電流はこちら→電線の許容電流(CVケーブル)

CVケーブルとCVTケーブルの違い

CVケーブルとCVTケーブルの違いは、CVケーブルは外径が円形、CVTケーブルはより線になっています。

CVケーブルは放熱性能が低下するために許容電流量が小さくなります。

CVTケーブルは3本のより線となっているため、許容電流が大きく、端末処理も容易です。

またケーブル単心ごとに架橋ポリエチレンで覆われて保護されているため、線間短絡事故が起こりにくい特徴があります。

ケーブルを選ぶ際は、CVケーブルは3.5°~8°、CVTケーブルは14°以上と使い分けることが良いでしょう。

CVケーブルとCVTケーブルのコストには、大きな違いはありません。

-電線、ケーブル

© 2021 電気工事のwebbook Powered by AFFINGER5