自家発電設備の保有距離

自家発電設備の保有距離です。




自家用発電機の保有距離(キュービクル式以外)

保有距離を確保しなければならない部分 保有距離
発電機及び原動機本体 相互間 1.0m以上
周囲 0.6m以上
操作面 操作を行う面 1.0m以上
(ただし、操作面を行う面が相互に面する場合は、1.2m)
点検を行う面 0.6m以上
(ただし、点検に支障とならない部分については、
この限りでない。)
換気口を有する面 0.2m以上
燃料槽と原動機との間
(燃料搭載形及び
キュービクル式の
ものは除く。)
燃料、潤滑油、
冷却水等を
予熱する方式
の原動機
2.0m以上
(ただし、不燃材料で有効に遮へいした場合は0.6m以上)
その他のもの 0.6m以上

自家用発電機の保有距離(キュービクル式)

保有距離を確保しなければならない部分 保有距離
配電盤及び分電盤 操作を行う面 1.0m以上
(ただし、操作面を行う面が相互に面する場合は、1.2m)
点検を行う面 0.6m以上
(ただし、点検に支障とならない部分については、
この限りでない。)
換気口を有する面 0.2m以上
キュービクル式の周囲
(屋内に設ける場合)
操作を行う面 1.0m以上
点検を行う面 0.6m以上
換気口を有する面 0.2m以上
キュービクル式の周囲
(屋外に設ける場合)
操作を行う面 1.0m以上
(ただし、隣接する建設物又は工作物の部分を不燃材料で造り、
当該建設物の開口部に防火設備を設けてある場合は、屋内に
設ける場合の保有距離に準じることができる。)
点検を行う面
換気口を有する面
キュービクル式とこれ以外の変電設備、
発電設備及び蓄電池設備との間
1.0m以上

コメントを残す